座椅子

絶対後悔しない人気度に頼らない座椅子のオススメの選び方!

  • Pocket
長座椅子
スポンサーリンク

約1年ほど前、僕は急に床でパソコンなどの仕事がしたくなり、5,000円程の座椅子を購入した。

購入した当初は、とにかく床で仕事がしたいと思う一心で、肝心の座椅子は適当に選んだのだが、今思うともう少し座椅子のことを調べて購入すれば良かったと後悔している。

というのも、先日お邪魔した家でたまたま座椅子に座る機会があり、その座椅子の座り心地があまりにも良くてすごく驚いたのだ。

その家の座椅子と僕の座椅子の大きな違いは、クッション性や商品のお値段ではなく、ずばり「肘置き」の有無だった。

僕が座椅子に座って主にやることは、パソコンの操作、スマホの操作、そして読書。

いずれも長時間座椅子に座る作業ばかりだが、この中でもとくに「肘置き」が重要だと感じた作業が、スマホの操作と読書である。

この二つの作業を「肘置き」がない座椅子に座って長時間やっていると非常に腕が疲れてくる

ところが「肘置き」に肘をついて作業をしていると疲れ方が全然違ってとても楽だったのだ。

そこで今回は、「肘置き」を備えたオススメの座椅子をいくつかご紹介したいと思う。これから座椅子の購入を考えている人はご参考にどうぞ。

「肘置き」「肘掛け」を備えた座椅子

▲読書、スマホ操作、映画観賞などに良さそう。

背もたれと肘置きをリクライニングでフラットな状態にして横になれるのも魅力。

ただし、作業机の種類にもよるが、足置きがあるのでパソコン操作には若干不向きかもしれない。

▲しっかりとした厚みの低反発クッションが体を包み込んでくれる。

背もたれを完全に倒してフラットにできる。

また、背もたれは手前にも90度曲がるため、使わないときはコンパクトに収納できる。

お値段もリーズナブルで個人的には注目の座椅子。

▲座面の厚みは16cmもあり、デザイン的にも社長気分が味わえそうな座椅子。

椅子が回転式になっているため、後ろにある物を取りやすいのが特徴。

首の角度にも工夫が見られ、よりリラックスして作業に取り組めそう。

▲座部がふかふかの低反発になっている。

背もたれは完全に倒してフラットにできる。

お値段もリーズナブル。

▲今回ピックアップした座椅子の中では最もリーズナブル。

ポップでカラフルな4色のバリエーションが用意されている。(イエロー、ピンク、ブラウン、レッド)

背もたれのリクライニングに合わせて肘置きも連動して動く。

お値段的に、お試しで購入してみるのもアリかも。

▲読書、スマホ操作、映画観賞などに良さそう。

背もたれと肘置きをリクライニングでフラットな状態にして横になれるのも魅力。

高いクッション性や、3点リクライニングで2744通りの変形パターンがあることから座り心地は非常に良い。

ただし、作業机の種類にもよるが、足置きがあるのでパソコン操作には若干不向きかもしれない。

おまけ:床やベッドでのパソコン作業をラクにしてくれるアイテム

▲これは今現在、僕が愛用しているパソコンスタンド。

このパソコンスタンドの特徴は、布団(ベッド)に寝転びながらラクな姿勢でパソコンの作業や動画視聴ができることだ。

もちろん、床に置いて座椅子に座ったまま作業することもできる。

ただし、横幅がそれほど広くないため、座椅子の前に置いて前かがみの状態で作業をしなければならない。そのため、足置きがある長座椅子との相性は悪い。

個人的には、このパソコンスタンドは布団で横になった状態でパソコンをしたい人か、座椅子に座った状態で作業ではなく映画観賞などをしたい人にオススメしたい。

どうしても座椅子に座ってパソコンで作業をしたい人には次のような幅の広いロータイプデスクが適している。

 

折りたたみロータイプテーブル

幅が690mmあり、長座椅子との相性が良い。

高さの調整はもちろん、 天板の角度まで調整できるのでラクな姿勢で作業ができる。

天板の下(自分側)には、手前に傾けてもペンが落ちないようにストッパーが完備してある。

ストッパーにはノートパソコンや雑誌が滑り落ちてこないようにする役割もあるため、パソコンでの作業も安心だ。

スポンサーリンク
  • Pocket