その他収納情報

賃貸アパートでも使えるおすすめ収納アイデアグッズまとめ

  • Pocket
スポンサーリンク

家を建てる場合は収納スペースの設計をある程度自分で決めることができるが、賃貸物件を借りるときはそうもいかず、なかなか思い通りの収納スペースを確保できない。

筆者も賃貸物件を渡り歩いてきたが、収納の多さを条件に賃貸物件を探すと物件が限られるうえ、家賃も高かったりする。

そこで本記事では、SYUNOTEでこれまでご紹介してきた収納グッズの中から賃貸アパートで活用できるグッズを厳選してお伝えする。

デフォルトの収納スペースが限られる賃貸アパートでも工夫次第で収納スペースは増やすことが可能だ。

これから引っ越しを考えている人や、今住んでいる物件に収納スペースが足りない人はぜひ参考にしてほしい。

鴨居を制す者は収納を制す!狭い家ならカモイを活用せよ!

鴨居

まずは「鴨居(かもい)」。

鴨居とは天井から少し下がった位置にある木の出っ張りのことだが、ここをうまく使うことでかなりの収納スペースを確保することができる。

部屋を見渡してみて鴨居があった人は「鴨居を制す者は収納を制す!狭い家ならカモイを活用せよ!」という記事をどうぞ。

ずり落ちる突っ張り棒を下から支える支え棒!

次は「突っ張り棒の支え棒」。

突っ張り棒を使って押入れの中をクローゼット風に変えようとすると、突っ張り棒が洋服とハンガーの重みでずり落ちてきやすい。

しかし、「優れもの!ずり落ちる突っ張り棒を下から支える支え棒!」という記事で紹介している突っ張り棒を下から支える「支え棒」を使えば突っ張り棒が重みでずり落ちてくる心配はなくなる。

押入れをクローゼットに変えたい人はご参考にどうぞ。

折りたたみ式バタフライダイニングテーブル

次は「バタフライダイニングテーブル」。

このテーブルは以前、「金曜★ロンドンハーツ」という番組で矢部美穂さんが紹介していたもの。

テーブルは折りたたみ式なので使わない時は簡単に収納できる他、なんとテーブル下に椅子を4脚も折りたたんで収納することができる。

間取りの狭い賃貸アパートの場合はこのようなアイデア家具が重宝すること間違いなし。

興味のある方は「ロンハーで矢部美穂さんの家にあった折り畳みテーブル バタフライダイニングテーブル」へどうぞ。

ドア(扉)を活用して洋服を上手に収納できる便利アイテム「ドアハンガー」

次はドア(扉)にハンガーをかけるスペースを作る「ドアハンガー」というアイテム。

劇的に収納スペースが増えるわけではないが、洋服をかけるスペースが足りなければ必ず役に立つはずだ。

ドアハンガーに収納する洋服はすぐに取り出せるので普段よく着る洋服をかけておくことをお勧めしたい。

記事はこちら→ドア(扉)を活用して洋服を上手に収納できる便利アイテム!

トイレの中の収納を確保できる「突っ張り棚」

次は「突っ張り棚」。

この商品はトイレの中など狭い場所に棚を設置することが可能。

突っ張り棒とメッシュパネル、結束バンドの3点で手軽に作れる収納スペース」という記事内では100円均一の商品を使って突っ張り棚をDIYする方法を紹介しているが、もちろん完成した商品も販売されている。

トイレの中に棚がない、もしくはトイレットペーパーなどを置くための棚がもう一つ欲しいという人はご参考にどうぞ。

シューズラック

最後は「シューズラック」。

どうしても賃貸アパートは靴を収納するスペースが少ないことが多い。

一人暮らしであればそれでも問題ないが、家族で暮らすときは靴の収納スペースは少しでも多いほうが良いだろう。

ちなみに、これまでSYUNOTEでは、靴を斜めに置くことで壁際の限られたスペースを有効活用しやすいシューズラックや、傘まで収納できる組み立て式シューズラックなど3種類のシューズラックをご紹介してきた。

まだ玄関にシューズラックを活用していない方はぜひ参考にしてほしい。

>>狭い玄関でも最大12足の靴が収納できるシューズラック

>>傘が最大5本置ける組み立て式シューズラックで玄関スッキリ!

>>玄関の収納が少なくて靴の置き場に困ったらシューズラックを活用してみよう

まとめ

以上が「賃貸アパートでも使えるおすすめ収納アイデアグッズまとめ」となる。

なお、SYUNOTEでは上述したグッズ意外にも様々な収納グッズをご紹介しているので興味のある方はチェックしてみてほしい。

汚部屋のなりやすさを診断するSYUNOTEオリジナル「汚部屋診断」もぜひ!

スポンサーリンク
  • Pocket